星崎レンスターズ [神慮の機械外郭]

サークル「神慮の機械」装丁人兼雑文係・10年来の同人二次小説屋の星崎連維が共和国の下僕として作品や同人話をしてます。なかみはようかん。

サークル「神慮の機械」10年来の同人二次小説屋にして装丁人の星崎連維/維如星が共和国の下僕として作品や同人話をしてます。なかみはようかん。

はじめに  同人情報  装丁仕事一覧  雑記  本家・神慮の機械  twitter  pixiv

はてなダイアリーのサービス終了と「如星的茶葉暮らし」について

はてな側でアナウンスされましたように、はてなダイアリーのサービスが終了するようです。

はてなダイアリーからの移行のご案内と、よくある質問について - はてなブログ開発ブログ

今ご覧になっている「星崎レンスターズ」へとブログ機能を移転する以前、本館「神慮の機械」にて書いていたWeb日記「如星的茶葉暮らし」もはてなダイアリーサービスを併用しておりましたが、元々「併用」とあるように、通常の手書きWebページとはてダを同期させて書いておりました。よってはてダ側が消滅しても本館での日記を参照可能ですので、はてダサイドの「如星的茶葉暮らし」は特に移行等は行いません。 サービス側によるはてなブログへの自動移行で謎URLがつくのも嫌ですので、はてダ側の記事は先行して全削除いたします。

今後、昔の記事でも掘ってやろうという際には http://luxin.blackcats.jp/diary/ の方からご参照ください。

あちらは古き良きインタルネッツ時代の手打ちHTML、標準的なブログ系の機能が使えずナビゲーションが面倒になるなどご不便をお掛けいたしますが、あくまで過去ログとして残っていさえすればよい、という類の代物ですので、ご理解いただければ幸いです。

f:id:rennstars:20190301101803p:plain:w360

というわけで、アディオスはてなダイアリー。これも確かに一つの時代でした。

自分は元々1996年頃から「Web日記」を書いてきたのですが、逆にその時代に「手打ちHTMLを支援する数々のエディタや自作スクリプトに、FTPクライアントによる自動同期」などを思い切り整備してしまったせいで、この手のオンライン日記サービスが出てきてもなかなか移行できずにいたんですよ。しかも単に楽になるだけじゃなく、コメント関連機能やスター(いいね!の走りだよなこれ)、トラックバック(こっちはもう死語だ!)などコミュニケーションを促進する機能が増えていったのに乗り切れなかった、という。

これって実は「パソコンができる人」「ネットサービス使い込んでる人」の割とあるあるで、前世代で作り込んでしまったが故に次の世代に乗り切れず、流石に「次の次の世代」になって耐えきれずに移行する、そしてそこでまた牙城を築くので同じことの繰り返し……と、必ず1世代飛びで身の回りの環境が進んでいった面がある気がします。

だもんで、実は「はてダ」も自分的にはその辺の妥協の産物で、本格的な移行は「オンライン日記」が「ブログ」になって以降のはてなブログだったのです。しかもその頃には既にブログというもの自体が(少なくとも)コミュニケーションの場としては衰退しはじめていた頃で、まーご覧のとおり本サイトも完全にただのイベント告知ログみたいになってます。

しかし、それでも。「はてな」というモヒカンもとい古くからのネットユーザーのコミュニティを育てたのは、今も続くはてブの存在が大きいとはいえ、その揺籃の地は確かにはてダだったように思います。改めて、長い間お疲れ様でした。

そして、ブログを含めた個人サイトという存在自体がどうにもSNSによって影が薄くなってきていますが、今回の私の日記は極端な例かもしれないとは言え、「自分ではどうにもならない商用サービスの終焉によって死ぬ」という事態は少なくとも避けられる、ってのは一つの存在理由だよなぁと改めて思うた次第です。いやまぁ古くから続いてきた「ホームページサービス」も今や死屍累々で「個人サイト」が残らない問題は顕在化してるけどさ! さ!

C95ミリシタ新刊「瑠璃色金魚(中略)アンドロイド(以下略)。」他

前日のご連絡になってしまいましたが、今回冬コミC95は3日目東ル-35a「神慮の機械」にて、ミリシタ白石紬&真壁瑞希本新刊「瑠璃色金魚、夢にて蝶と舞うか。アンドロイド、胡蝶の夢を見るか。」を刊行します。

f:id:rennstars:20181230015123p:plain:w240:right児童人権法によりアイドルが壊滅して3年、ようやく復興を始めた社会を舞台に、再びアイドルとして立ち上がる真壁瑞希と、同じく新たにアイドルを志すも小さなつまづきに藻掻く白石紬の物語。

……というわけで、10月の歌姫庭園発行本の完全加筆版となります。pixivに本文サンプル等も上げていますのでご利用ください。
https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=72263436
また、今回はとらのあなさんにて書店委託も行っております。すでに予約も開始されていますので、当日会場に来られない方など、是非ご利用ください。
ec.toranoana.shop


また、今回は毎度装丁をやらせていただいているはづきちさんとの合同誌の形で、表紙装丁のみならず短編一本も寄稿した、星崎初の魔法少女リリカルなのは本、劇場版Detonationを舞台とした「空を、見上げれば。」も刊行します!

f:id:rennstars:20181230015620p:plain:w240:rightこちらは星崎が高町なのは短編、そしてはづきちさんがオリジナルキャラとなるオルティア・レトーを担当。星崎側は劇場版ラストの衛星戦を「如星流」に再解釈、いわばダイバーズのノリで軌道戦闘と彼女の孤独を描きます。
実のところ、私はなのはを劇場版しか知らないのです。にもかかわらず、今回の劇場版2作を見てどうしてもあのラストシーンを自分で描いてみたくてたまらなくなり、なのはベテラン・はづきちさんの胸を借りて本作合同での刊行とさせていただきました。
こちらもpixivにサンプルがありますのでご利用くださいませ。
https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=72251102

例によって、星崎/如星本人は午前中は飛び回っておりますので、主に午後からの自スペースとなります。それでは、厳しい寒さが予報されていますが、冬コミ会場にて是非よろしくお願いいたします。

ミリマス小説本「瑠璃色金魚、夢にて蝶と舞うか。」刊行しました

久々に本来のお題でのブログ更新です。ご連絡も遅ればせながら、先日の10/08アイマスオンリー「歌姫庭園17」にて、ミリオンライブ・白石紬の小説本「瑠璃色金魚、夢にて蝶と舞うか。」を刊行しました。

pixivの方に本文サンプルも置いています。またとらのあなさんにて委託を開始しましたので、よろしければご利用ください。
→pixiv(本文サンプルつき)
→とら通販ページ

f:id:rennstars:20181027234027p:plain:w120:rightミリシタで初めてミリマスを知った自分にとって、ミリシタ同時実装であり、直感でこの子で行こう!と決めた白石紬と共に歩んできて早一年半近く。彼女のキャラクターにも、中の人の南早紀さんにも、そしてミリシタ一周年の際の公式祭の熱量にもすっかり当てられて、いやーもうこれは一冊書くしかないだろうと突発的に参加を決めての刊行でした。

いや実際、ミリオンの子たちは誰も彼も魅力的だし、加えてミリシタがその辺を私のようなニワカにもしっかりゲーム内で提示してくれるってのがホントありがたいです。実際、主担当こそ紬ではあるものの、同じチームFairyにしてクール系美少女ユニットである真壁瑞希も恐ろしくツボなキャラクターで、今回の小説本も彼女を語り部にしての、いわば瑞希・紬本とも言える形となっています。

……しかしまあ一方で、何と言っても星崎連維は維如星の二重存在にて、如星節な世界観を持ち込まずにはいられずw 本文サンプルの範囲でも割とその辺りは透けてみるかと思います。あ、と言っても別にBETAが出てくるわけではなく。昨今、アイドルという存在については色々と取材調査などもして、今時のグループアイドルらしさを一番追及している二次元コンテンツがミリオンではないか……という結論に到るぐらいにはアイドルづいている私。「オリンピックに向けた児童人権法でアイドル業界が一度壊滅させられた世界」というアレな世界観を選んだのも、キッチリとアイドル方面の描写も盛り込みたかったが為。この辺のアイドルらしさとアレな世界観の両立、結構楽しんでいます。


しかしミリオン同人自体まさにこの1年でようやく追い始めたところ、オンリーイベントの知識も薄く、実は来週11/03(土)に横浜で開催されるISF06の方がミリマス系サークルさんがたくさん参加されている事に気づくも時すでに遅し|;・∀・| 残念ながらそちらの方は不参加となり、次回の参加は冬コミとなります。もちろんジャンルはアイマス・ミリオンにて。今回は「大事件の後日談を先行公開する」という形の小説本となっており、冬コミではその「大事件」側、そして「後日談の続き」にてお届けする予定です。

では、また冬コミにて。星崎連維@ラスト・アクトレスがフルコンできない、でした。

Supported by MACHINA EX DEO  Powered by 黒猫連盟 and はてなブログ